今後の塗料技術

今後の塗料技術を考えるとき、
ポイントとなるのは「環境対応」の「高機能化」です。

 

既に、環境対応や高機能化に関しては開発が進み、
実践されていますが、ますます高レベルな開発が要求されています。

 

現在は、塗料の高機能化と環境負荷低減の時代です。

 

高機能化では、樹脂設計だけでなく、
機能性顔料や、機能性添加剤の開発が必要です。

 

機能性塗料は、塗料の領域を拡大しますが、
塗料の要素技術には、樹脂設計技術や架橋技術、
分散技術、薄膜形成技術、材料評価技術、機能化技術等があります。

 

そして、これらの技術は、相互に刺激し合っています。

 

また、技術もマーケットもグローバル化している事から、
独自性のある製品開発期待されています。

 

このような期待に応えるべく、
今後の塗料技術はますます発展していく事でしょう。